地方での転職はその地方の情報を持ったエージェントが強い味方に

地方での転職

最近では田舎暮らしにあこがれる人も多いので、UターンやIターンといった地方での転職を考える人も増えています。Uターンは生まれ故郷に戻って就職すること、Iターンは過疎化に危機感を持った自治体が働き手を呼び込むことで、地域の活性化を図るものです。都心部でのギスギスした人間関係に疲れてた人や、子供を育てる環境として自然の多いところを希望する人など、地方に目を向けている人も増えてきています。生まれた故郷に戻って働くUターン転職も注目されています。

 

都心部よりも圧倒的に求人が少ない地方

 

しかし、そのような夢を抱いて地方に行って仕事を探そうとしても、圧倒的に求人が少ないことに驚かされると思います。働き手も少ないのですが、募集も少ないのです。このような場合は、ハローワークの求人が地域に密着したものが多く、役に立ちます。また、その地方の求人フリーペーパーも有効な情報が多く載っています。
それに比べると転職サイトは都会の求人が多く、あまり地方の情報は載っていないことが多いので希望の仕事を見つけるのは難しいでしょう。転職エージェントも基本的には都市部の企業を相手にしていることが多いのですが、エージェントによって情報を持っている地域が異なるので、登録はしておいた方がいいでしょう

 

転職エージェントを活用して地方転職を成功させよう

転職エージェントへの登録

転職エージェントは登録すれば自分に合った求人を紹介してもらえたり、面接のセッティングや条件の交渉などもしてくれたりする上に、面接の際のコツや履歴書の書き方なども教えてくれます。

あなたに就職してもらうことで企業から報酬を得られますから、これだけのサービスを無料で受けられるのです。
また、その地方の企業の情報を持っている場合は、面接担当者やその企業の上位の役職の方と知り合いである可能性もあるので、エージェントに登録しておいても損はないでしょう。地方での転職を成功させるにはまず全国対応の転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

 

地方転職を成功させるには

登録・詳細はコチラ

厳しい地方の転職活動を旨くすすめるためには

厳しい地方の転職を旨くすすめるためには

地方での転職活動は、都市部に比べても難しいことが多いものです。その理由として、そもそもの求人数が少ないことがあります。ですから、転職を考える人、特に中高年の人にはそれに見合うポストが空いていないことが多く、転職活動を難しくしています。
また、地方になるほど年功序列の意識が色濃く残っていて、転職者を好まない傾向にあります。さらに地方の景気がまだあまり上向いていないことも理由の一つです。

 

地域に密着した求人情報が多く揃っているハローワークを活用しよう

求人譲歩を多く集めることが大切

こういった状況の中で転職活動を旨く勧めるためには、求人情報を多く集めることが大切になってきます。多くの情報の中から選ばなくては、希望に合った求人を探すことができません。地方での転職活動においては、地域に密着した求人情報が多く揃っているハローワークを活用する方法がおススメです。様々なサポートも受けられますから、ハローワークに足を運んでみましょう。
また、地方新聞やフリーペーパーにも情報が多く掲載されています。こういった媒体に毎日目を通して希望に合った求人情報を探しましょう。

地方での転職がうまくいかない人がするべきこと

不景気が長く続く中、転職を目指してもなかなかうまくいかない人が多いものです。しかし、そういった人を横目に簡単に転職先を見つけている人も存在します。転職が上手くいかない人はどんな問題点があるのでしょう。
転職を決めるのは、新卒の人が就職するよりも難しいものです。一度会社を辞めているわけですから、またやめるかもしれないと思われてしまいますし、ある程度の年齢の人はプライドが高くて扱いづらいというイメージがあります。そんな中で転職先を見つけるのは至難の業です。

 

転職を成功させるためには、まず履歴書の書き方から考えなくてはいけません。ありきたりな言葉ばかりを並べていたのでは採用担当者は会ってもくれないでしょう。これは面接の際にも言えることですが、採用する側の立場にたってものを考えることです。この人と仕事をしたい、この人に会社に来てほしいと思ってもらわなくては転職を成功させることはできません。

 

そのためには、志望動機にこの会社のために自分がどんな風に役に立てるのかを具体的に記述することが大切です。御社の企業理念に賛同して、などと言われても具体的に何ができるのか分かりません。自分の経験が応募会社にとってどれだけ有益かをアピールしなければいけません。

 

履歴書が採用担当者の目を引いて面接にこぎつけたとしても、そこでも印象を残す必要があります。ユニークな人でもいいですし、変わった趣味を持っているということでも構いません。自分に興味を持ってもらうことが大切です。
転職が上手くいかない人は情報収集が下手な人が多いのです。自分の長所・短所を知り、受けたい会社が求める人材を探り、対策を練りましょう。もし失敗してもなぜ失敗したかを考え、次の糧にしてただでは転ばない精神を持つことが大事です。

 

転職の際の履歴書の書き方

 

転職の人に限らず採用希望の会社に自分のことを知ってもらうために初めに提出するのが履歴書です。履歴書の内容によっては面接すらしてもらえないことも多々あります。転職を希望する人の履歴書で注意する点を知っておきましょう、
まず、履歴書は受ける会社ごとにきちんと書き分けておきましょう。内容の全く同じ履歴書を何枚も用意して提出する人が多いのですが、これではなかなかその会社に対する熱意を知ってもらうことができません。応募先の企業の業務に自分がどのように役に立てるかをアピールする必要があります。

 

この点については志望動機欄に記入します。キャリアアップのために、と書いていいのは将来性を買ってもらえる年齢、せいぜい35歳ぐらいまでです。それを過ぎた人は、自分のこういった経験が貴社の○○の業務に活かせると思い志望しました、という書き方をしましょう。これまでの経験をどのように活かせるかといった観点で書きましょう。

 

ホームページなどを調べてその会社の長所を把握し、自分の考えを記入します。ここでその会社に対する熱意を採用担当者に伝えることが大切です。

 

本人希望欄については、勤務地や職種の希望があれば具体的に記入します。細かいことについては面接の時に話すようにしましょう。履歴書にあまり細々と記入すると面倒な人だと受け取られてしまいかねません。内定をもらう上で都合の悪いことはあまり記入しないようにしましょう。

 

履歴書に貼る写真はできるだけスピード写真は避け、写真屋で撮ってもらったものを使用しましょう。人を見るうえで第一印象は大切ですから疎かにしてはいけません。万一剥がれてしまった時のために写真の裏には必ず氏名を記入しておきましょう。履歴書の書き方でも事務処理能力などが分かってしまいますから、丁寧に作成しましょう。

 

都心部よりも圧倒的に求人が少ない地方

 

地方での転職活動において有効なのが人脈

また、地方での転職活動において有効に働くのが人脈です。その地方に知り合いがいれば、そのつてを頼って転職活動をすることが有効な方法です。地方に行けばいくほど地域や人とのつながりが深いので、有力な知り合いがいれば転職先を見つけやすいでしょう。

それでも見つからない場合は、希望条件の幅を広げてみましょう。今まで経験してきた業務とは違う仕事でも、まったく経験が役に立たないわけではありません。
自分の経験やスキルをうまくアピールすれば、あなたを必要としてくれる会社に巡り合うことも可能です。


ホーム RSS購読 サイトマップ