資格はあくまでプラスアルファの要素に過ぎない

地方での転職を考える際に、資格があれば多少は有利に進めることができるでしょう。履歴書にも記入することができますし、資格取得に頑張った証にもなります。しかし、それは自分が希望する職種に関連した資格であった場合に限ります。

 

採用する立場に立って考えてみましょう。資格だけあって業務の経験が無いような人を採用したいと思うでしょうか。業務をしっかりこなせる裏付けとして資格が意味を持ってくるのであって、業務に役立たないのであれば資格を取る意味はないのです。自分はこういった資格を持って○○の業務を行ってまいりました、この資格を御社のこういった業務に活かしたいと思います、そういったアピールができてこそ資格が意味を持ってくるのです。

 

都市部においても言えることですが、特に地方での転職は即戦力としての能力を求められます。そういったことを考慮して取得する資格を選びましょう。希望する業種によっては資格が必須ともいえる業種もあります。証券会社に置いては外務員資格が必要ですし、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていれば銀行や保険会社では重宝されるでしょう。住宅メーカーなどでは宅地建物取扱主任者の資格が物を言います。

 

これらのことを考えて、希望する業種に合わせた資格を選びましょう。仕事につかえる資格や、自分の考える将来に役立つ資格を取っていて、面接の際にそういったビジョンをうまく伝えられれば、説得力が増すでしょう。しかし、資格というのはあくまでプラスアルファの要素に過ぎません。特に中高年の方は今までの経験の方が重く見られます。自分の経験を振り返ってみて、応募する会社にとって魅力的な人材になることが最も大切なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ