ブランク期間が長いと転職には不利になる

地方では転職をするということは不利だと考えられています。都市部では最近は年功序列や終身雇用の考え方がどんどん変わってきて、転職をする人も増えていますが、地方ではいまだに年功序列や終身雇用が普通というところが多いのです。そういったところでの転職活動は難航してしまうこともあるでしょう。

 

そこでより不利になることを避けるためには在職期間中に転職活動をすることです。無職の期間が長くなればなるほど転職には不利になります。ブランク期間があるということは何か性格的に難があるのではないか、採用してもすぐに辞められてしまうのではないか、ストレス耐性が低いのではないかなどと思われてしまうからです。地方では特に人のつながりが大切になってきますから、人柄も重視される傾向があります。

 

また、ブランク期間が長くなれば社会や仕事のことに疎くなっているのではないかと判断されてしまうこともあります。そういった先入観を払しょくするには、面接などでしっかりとアピールしなくてはいけません。ブランク期間をただ遊んですごしていたのではないことを採用担当者に理解してもらう必要があるのです。

 

そのためには、履歴書にブランク期間中に何をしていたのか、どうしてブランク期間が長くなったのかを書いた方がいいでしょう。資格を取った、学校に通っていた、留学していたなどのはっきり形がある活動をしていたのならいいのですが、そうでない場合もできるだけ前向きに活動していたことをアピールしましょう。採用担当者に悪い印象を与えないようにするために履歴書を推敲することが転職に不利な状況を克服する方法なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ